2010年06月21日

ブラジルvsコートジボワール 感想

今、見終わりました!
朝3時に起きて観戦しました

前半当初はコートジボワールが攻撃の機会を多く作っていましたが、ブラジルが先制すると、以降はブラジルの展開に。トップ下のカカは二人、三人がかりで潰されてましたが、両SBを軸に攻撃を展開。攻撃のチャンスを多く作ることに成功しました。
終わってみればルイスファビアーノの2得点、エラーノの1得点
コートジボワールはチャンスを何度か作るものの、あと一歩のところでブラジルのDF陣に阻まれ得点ならず。一瞬の隙をついてドログバが1点決め
るものの、時すでに遅し…
結果、3−1でブラジルの勝利でした


2点目はルイスファビアーノのハンドなんじゃないかな〜なんて思ってたのですが、本人も自覚してたんですねw
試合後のインタビューで「聖なる手が助けてくれた」だってww
ちょっと残念だったのがカカの退場かな。ブラジルとしては次のポルトガル戦は消化試合なのだから、決勝トーナメントに備えて休養したいってのは理解できる話なんだけど…やっぱそういうの抜きにして、試合してる姿をみたいってのが、観客や視聴者の気持ちなんだよねぇ
posted by ユミ at 06:10| 大分 ☔| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。